2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

抗がん剤治療 TC《第3回目》&トリプルネガティブって!?

2009/10/8(木)

いよいよ抗がん剤治療もあと2回。
前日からちょっと嫌気はさしていたものの、腫れが気になっていた
腕のポートも落ち着き、あと2回、あと2回と自分に言い聞かせて。

先生もポートの腫れが気になっていたようで、今日は先生自ら
針をさしてくださいました。さすがスムーズです。

前回、手術の病理結果をまとめておくとおっしゃっていたので
思い切って聞いてみると。

******************************
《病理結果の話》

ガンの治療法として、大きく分けて次の方法がある。
・手術
・抗がん剤※
・ホルモン療法
・放射線治療
※抗がん剤治療の中に『ハーセプチン』というHER2 (HER-2/neu) タンパク
に作用して抗がん作用をもたらす薬がある。

ただし、ホルモン療法もハーセプチンも、ガン細胞自体に効き目があるか
どうかというのは個人差があり、効き目が無いことを「陰性=ネガティブ」と
いう。

私の場合、ホルモン(2種)に対する感受性が「陰性」
ハーセプチンも効かない「陰性」という、医学用語でいう「トリプルネガティブ」
というやつだそうだ。

ネガティブというと聞こえはわるいけれどつまり陰性ということ。

しかし実際に効かないというともしも、万が一再発または転移した場合、
考えたくないけれど「抗がん剤・放射線・手術」しか
手のうち用が無いということにもなる。

先生もこの結果には「残念」とおっしゃっていたけど、そう悲観する
ことではなく、つまり今回の抗がん剤が終わり、放射線治療が終わったら
「無治療期間」に入るということ。
『治った!』と思って過ごすことが大事。
でもしっかりと4ヶ月毎の検診を受けること。

と言われました。
******************************

「病は気から」と言われると、もちろんおっしゃる通りです。って気になるけど
実際、本当のところはとっても怖い。
考えるなと言う方が無理な話しで・・・

でも極端な話、毎日検査を受けてもどうしようもないんだよね~。

今できることは、免疫力を上げること。
ストレスを溜めない。体を冷やさない。
などなど、できる事からやっていこうと思う!

そんな事を考えながら、今回の抗がん剤3回目はあっと言う間に
終わりました。
[PR]
by akiraniann | 2009-10-08 21:33 | 抗がん剤治療