2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

強力助っ人現る。

2010.2.5(金)

京都府立医大と大阪の北野病院。
セカンドオピニオン候補は、もちろん地元にもある。
医療センターと福知山市民病院。

母の同級生で、福知山市民病院に勤めているMさんという人がいる。
去年、旦那さんを胃がんで亡くされたばかりで、がんについても詳しく
ときどき母が電話して、私のことを相談していたようだ。

今日は転移の件を母が相談していたが、直接私が話すことに。

Mさんは「眠れてる?ご飯ちゃんと食べれてる?」と
とても心配して下さった。
そして何でも聞いていいよと。

このとき私が今の病院を不安・不満に思っていたこと。

・鎖骨下のしこりを見つけたとき様子をみましょうかと言われた事。
・結果的に転移だと分かっても検査が伸ばし伸ばしになっている。
・背中が痛いと言っているのに調べようとしない。

~ここから下は不安からくる被害妄想~

・病院はいつも検診の人で溢れかえっており、先生も忙しそうで
 聞きたいことが聞けない。
・手術の前と後とでは対応が違う気がする。
・なので、痛くてもしんどくても限界まで我慢してしまう。

Mさんは被害妄想の分も含めてちゃんと聞いてくださり、
そして、がん患者を家族に持つ医療従事者として
次のような的確なアドバイスをくれた。

①多分、akiraはセカンドオピニオンどうこうというよりも
 まず検査をしていったい何処にどのくらいがんがあるのか
 調べてほしいのではないか。
 だったら、まず明日にでも電話して、それをしっかり主治医に
 伝えること。

②大きい有名な病院で意見を聞くことで、安心できるのなら
 府立医大のキャンセルが出たら申し込んでみてはどうか?

確かに、おっしゃるとおりであります。

ということで、まずは明日朝イチで、主治医に電話し
骨転移の検査をしてもらうことにしよう!
そうしよう!

そしてこの日辺りから、背中の痛みがひどく眠れない日々が続く。
[PR]
by akiraniann | 2010-02-05 15:54 | 転移