2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お告げか・・・

2010.2.12(金)

朝、携帯が鳴る。
075・・・・・京都市内の番号。
そう、京都府立医大からであった!

担当者は前と同じ人。
キャンセルが出たということでした。

どうされますか?の問いかけに
思い切って今悩んでいることを言ってみた。

府立医大は大変魅力的なのだが、セカンドオピニオンという
よりは、もう転院の方向で考えている。
となると、やはり通える近場の病院の方がいい気がする・・・

担当者の人は別にムッとするわけでもなく、
残念がる訳でもなく、そうですか、その方がいいと思いますよ。
と、またじっくり話を聞いてくれアドバイスまでしてくれた。

担当者の話。

まず明日、今のクリニックへ検査結果を聞きに行く。
骨シンチの画像も見てもらう。
今後の治療方法(飲み薬の抗がん剤になると思う)を聞く。
乳がん転移の場合、まずは抗がん剤治療になる。
となると、通院治療になるからやっぱり近い病院がいい。
今のクリニックに不安や不満があるなら、
今後の治療方法の提案を受けてから、転院もしくは
セカンドオピニオンの話を主治医に聞いてみてはどうか。

などなど。

万が一、また手術とかになったとき、どうしても
府立医大にかかりたいというのであれば、紹介があれば
可能だということを聞いて安心した。
今回のセカンドオピニオンは無しになったが、
京都府立医大の担当の方はとても好感が持てた。

夜。

まだ悩んでいた。祖母から電話があり、
(祖母も心配でいろんな人に聞いてたみたい)
近所の売店の人が、乳がんで、とてもいい先生に診てもらっているそうよ。
〇〇クリニックって言うそうよ~ってお婆ちゃん・・・
それ今、私が通ってるところだよ。笑)

キャッチホンでMさんから電話。
勤めている病院の外科の先生にいろいろ聞いてくれたみたい。
すごい頼もしい!!

その外科の先生曰く。
今通っているクリニックは、とても良い病院。
もし、先生との信頼関係が壊れているなら、
明日、これでもか!ってくらい納得いくまで質問してみてはどうか?と。
それでも納得できなければ、ウチへ来てもいいよ。と。

なんてありがたい。
そこまでハッキリ仰ってもらえるなんて。

それにしても、こうも次々と今のクリニックがいいのではと
言われると、なんだかお告げのような気もする。

確かに、私の勝手な思い込みだったのかもしれない。
「忙しそうだから悪いし」と遠慮気味になっていたのかも・・・
ものわかりの良い患者を演じていたのかもしれないな。

よし、明日は聞きたいこと全部聞いてやろう。
ノートにびっしり。質問することを書き出した。
[PR]
by akiraniann | 2010-02-12 17:25 | 転移