2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

主治医に質問攻め。

2010.2.13(土)

今日は、細胞診の結果と今後の治療について聞きに行く。

この1週間の、セカオピ・転院騒ぎ。
いろんな方々のアドバイスのおかげで、
なんとかしっかりと今日の日を迎えることができた。
ありがたいことです。

まずは、鎖骨リンパ節の細胞診の結果。
恐れていた悪性リンパ腫ではなく、やはり乳がんの転移。

CTで見るかぎりでは両鎖骨、胸骨傍に転移あり。
胸骨傍のリンパ節が腫れて気管とその周りの神経を
圧迫しているから空咳や、息苦しさがあるのだろう。とのこと。

骨シンチの画像を見せる。
主治医の見る限りでは、転移らしきものは無い。が
画像診断の専門家の判断を待つ。(来週)

そして、今後の治療方法として先生から提案。

まず、『ゼローダ』という飲み薬の抗がん剤を使う。
この薬は副作用で髪が抜けない。
再発乳がんにとても良く効く薬だということ。
副作用は書ききれないほどあるが、一番深刻なのは
『手足症候群』といって、手のひらと足の裏の皮がボロボロに
なってしまい、ひどい人は歩けないくらい痛くなる・・・とか。
でも、がんに効くのであれば、よっぽどの事が無い限り
飲んだほうが良いということも。

一旦そこまで、話た後で、私がノートにびっちり何か書いてきている
事に気づいたのか、質問タイムとなった。

今までで一番長い診察時間だった。
納得行くまで質問した。
検査をしっかりやっておきたいという意思も伝えることができた。

スッキリした。

さて、飲み薬の抗がん剤「ゼローダ」の活躍に期待して
今日から飲み始めます。
そして、まだ検査したことのない「脳」を含む全身検査「PET」を
するかどうか・・・が今後の課題となりました。



後半戦、始まってしまいました。
まさかこんな早く転移?(もともとあったのかも)するとは
夢にも思ってなかったけれど、もうなっちまったもんはしょうがない!
正直、凹みました。
心ここにあらずでした。
でも、やることは1つ。ベストを尽くすです。
凹んで本屋を徘徊しているときに、目に飛び込んできた文字。

「100年先はみんな骨」

確かに。うんうん。確かにそうだね。
妙にしっくり心に入ってきました。
[PR]
by akiraniann | 2010-02-13 17:54 | 転移