2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大きな波になってほしい。

2010.9.10金)

先日、朝の報道番組で『ドラッグラグ』について取り上げられて
いたのご存知の方も多いと思います。
その中で、乳がんと闘う、白石さん(仮名)という方が出演されて
いたのですが、その方は「若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記」のペコさんです。

日本人の2人に1人はガンで亡くなる、という現実がありながら
日本政府のガンに対する意識の薄さ、抗がん剤のレベルの低さ、
お隣の韓国などでは、普通に受けられる治療が、日本ではまだ受けられない。
保険適応でなく自費でならって月60万円も払えるわけがない・・・

抗がん剤しか手がない、いわゆるトリプルネガティブ乳がん患者にとって
これは切実な問題なのです。
もちろん私もそのうちの1人です。
今のお薬が効かなくなってしまったら・・・と考えると、不安でたまりません。

「とくダネ!」をご覧になられなかった方はこちらをどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=2thJvXmdyiY

厚生労働省のご意見フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

是非ここに皆さんの感想や意見などを書いて送って頂きたいのです。
もちろん強制するつもりはありません。

もし、自分ががんになったら。
もし、自分の大切な人ががんになって、もう「日本では使える薬がありません」
と言われてしまったら・・・

そんな事はあってはならない。
「地球上にもう薬はありません」 なら、あきらめもつくだろう。
でも、隣の国にあるじゃん!なんで日本にはないの?
って普通に疑問に思うわけです。

1人の声もたくさん集まれば何かが変わるかもしれないということ。
もちろん乳がんだけの問題ではありません。すべての癌に対して
この問題は共通なのです。

どうか1人でも多くの方がこの問題に興味をもち、声を上げて下さる事を
願っています。
[PR]
by akiraniann | 2010-09-10 13:38 | その他