2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大人なんだから・・・歯医者編。

2010.9.27(月)

雨の午後。
うだうだと暢気にTVなんぞ見ながらボサーーーっとしてたら電話が。

なになに?さっき予約した歯科から、
「突然ですが、今日の17時にキャンセルが出たので来れますか?」とな。
おおお!これは願ったり叶ったりだ!
いそいそと準備をし、フラフラしながら出かける。
一応ゾメタのパンフレットも持って行く事にする。

久しぶりの歯科。
扉を開けた瞬間、あの独特の匂いと、キュイィィィィ~~ンの音に
卒倒しそうになりながらも耐えて受付を済まし、待つこと10分。

その間、問診表に、乳がんで治療中なこと。今飲んでいるお薬などなど
詳しく記入。
自覚している虫歯だけで・・・けっこうあるんだねぇこれが。
とにかく、逃げ出したい気持ちを抑えつつ、出番を待つ。

まずは、CTを撮るらしい。
最新鋭の機器だ。顔のまわりをぐるっと回る。
一瞬にして、歯とか顎のレントゲンが撮れるのねーすっげーー!

そして、『歯の健康相談』という名目で予約しているので
あくまでも今日は『相談』だけ・・・のはずが、
何故か診療台に案内され(あれ?応接室とかじゃないの??)
前かけをされ・・・うきゃーーーこれは、治療スタイルやないかー!!!
もう手汗びっちょりです。

先生登場。
診療台、ウィーーーンと寝る。あわあわ・・・・

私 「せ、先生!きょ、今日は相談・・・」
先生「はい、抗がん剤治療中ということですね」
私 (ゾメタについていろいろと説明・不安に思っている事など)
先生「そうゆう副作用はとても稀ですので、心配いらないかと」
私 「そーなんですか??」
先生「まずは、治療が必要かどうか、見てみましょうね、口開けて」

小学校の時とかにやった歯科検診みたく、先生は「C1、斜線、C2・・」
と私の歯を一本ずつ診て、助手の方が何かに記入。

結果、ゾメタ治療に差し支えそうな深い虫歯は無いにしろ
細かいのが6本、ちょっと虫歯らしい虫歯が2本。
計8本も虫歯があったよぉ~~~ギャオス。
そりゃ~10年ぶりくらいっすからね。歯医者。
もう、反省の嵐ですよ。
これからはちゃんと行こう。
まずは、これらをちゃんと治そ。

一通り見てもらってから、もう一度ゾメタの副作用の顎骨壊死などに
ついて質問したりするも、そんなに心配はいらないとのこと。

さらに、先生は
「今日は小さい虫歯2つと、あと歯石取りして帰って下さい」
と言う・・・がーん。やっぱり治療するのね。泣)

もうここまできたら、やるしかないっす。
オイラ、我慢するっす。

でも、音は怖かったけど治療は痛くなかった。
先生も、何かする度に「今から削ります~」とか「詰めます~」とか
やる事を前もって言ってくれるので安心。すっごい優しい先生で感動。

子供の頃は、この先生のお父様に診てもらっていたのですが、
もう・・・めっちゃくちゃ怖い先生だったんですよ、腕はいいけど。
昔のトラウマ?で口開けた瞬間に虫歯がひどすぎて「はぁ~っ↓」って
ため息つかれたコトを思い出します。あ、余談でした。

治療が終わり、歯石も取ってもらって、なんだか清清しい気分。

今後の予約についても、私の体調も考慮して下さるとのことで
言うてみるもんですね。

とりあえず、あと6本。キレイに治してもらいます。
大人なんだから、怖くないぞぉ・・・・
なんやかんやで、ゾメタのパンフ出番無し・・・笑)

【本日の治療費】 ¥5840 (歯のCT撮ったしね)
[PR]
by akiraniann | 2010-09-27 23:36 | その他