2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:術後( 5 )

ナーシングセラピー

2009.9.26(土)

今日は、病院、でも診察ではないのだ♪

以前から、リハビリの先生に「ぜひ受けてみて!」とオススメの
『ナーシングセラピー』という新しいマッサージのモニター。

マッサージとも違うし、整体や、リンパドレナージュでもない
新しいジャンル?のマッサージだそうです。

担当の方は実は知り合いの奥様で、現役の看護師さん。

この日が初対面で、すごくやわらか~い印象でとっても頼りになる感じ。
カルテを見て、痛い所など聞かれ、いざ開始。

「マッサージだと思ってうけられると物足りないかもしれません」
そうおっしゃる通り、触るか触らないか微妙~なタッチで
でも確実にほぐれていく感じ。

1時間弱ほどのマッサージでしたが、最後の方もう寝そう・・・でした。

継続しての効果を見たいということで、次回は10月10日。
抗がん剤の直後なのでどうなるかわからないけど・・・
[PR]
by akiraniann | 2009-09-26 21:57 | 術後

がっかりせずに。

2009.9.24(木)

今日は通院日。
昨日の体調不良はちょっとだけマシになり、自力で病院へ。

今日も検診やらで大賑わいの待合室。
10:20からの予約だが、多分待たされそうな予感がしたので
オレンジページやら家庭画報(重いの・・・)やらを読んで暇つぶし。

まずは採血。
今日は点滴がないのでポートからでなく血管からとのこと。ドキドキ。
なんとひさびさの1発OK!!・・・と思いきや・・・
2本目に入ったところでプス・・・プスプスとまるでエンストのように
止まる私の血。なんでやーーーー!笑)

結局診察後に取り直しか!?

いつもならここでリハビリが入るのだが、今日は混んでいて先に診察。

この何日間かの体調不良を訴え、不眠を訴え、そして気になる病理結果。

私の場合、手術でとった全体の大きさは約6センチの「おはぎ」くらい。
今日初めて見たけど、ホント「きな粉のおはぎ」みたいだった。(色も形も)
そして、次のページには5ミリ間隔で輪切りにされたおはぎ。
真ん中の部分に「つぶあん」・・・ではなく、1センチくらいの癌。色は白。
癌の色のイメージって絶対、「黒」とか「紫」な感じだったので白って以外~
そのまわりのおはぎ部分は、乳腺と脂肪だそうです。

1から15まで、その輪切りに番号がふってあり、結果的に両端(1と15)を
除いた2から14の表面や管に癌細胞が残っているそうです。

つまり、両手離しで「わーい!」っていうわけにはいかない・・・ということ。
もちろん、予想範囲内の結果だそうです。
う~ん手ごわいぜ、こんにゃろー。

脇の下のリンパ節に2つも大きい転移があって、それが抗がん剤で
無くなったことはミラクル。
さらに、3.5センチもあった癌が1センチ弱まで縮んだのもすごい事。
本当なら温存手術もできないくらいだったのだから。
実際、傷はさておき見た目に関しては左右ぜんぜん問題ない。

先生の顔色を見ていても、初めて告知を受けたあの日みたいな
嫌な感じはしなかった。

だから私もがっかりしない。というか期待してなかったらか・・・
「がっかりせずにしっかりやる」というスタイルで行こうと思います。

今回わかった事で、今後の治療について今どうこうする事はないそうで
きちんとあと2回の抗がん剤を終わらせ、放射線を終わらせ、
その後のことはゆっくり考えよう、ということになりました。

せっかちな性格の私だけど、先生を信頼しているので言うことを聞いて
落ち着いてやっていこうと思います。

そして、体調不良もなっとくの白血球の下がりようったら。
痛~い皮下注射で白血球を増やす注射をしてもらい、リハビリをして
帰りました。

採血のやりなおしは・・・無かった!良かった!
[PR]
by akiraniann | 2009-09-24 14:51 | 術後
2009.9.11(金)

今日は抗がん剤後2週目の採血日。
先週は高熱が出て、点滴までされちゃいましたが、
今日はいたって元気ハツラツ!
今回の抗がん剤は1週目にしんどいピークがくるのかしらん。
あと3回頑張るぞ。

手術で取ったモノの病理結果はまだ出ていないらしい。
来週には聞けるとのこと。ドキドキ。

それよりも!今週に入ってから、手術した方の胸が腫れて
異様に大きい・・・反対側と比べても一目瞭然。
ネットで前もって調べていたんだけど、リンパ液が溜まってる
状態だって。特に問題はないけど、明らかにバランスが変だし
軽く「抜いとくか!」って先生。

コントに出てきそうな超特大注射針に、一瞬ひるみましたが
神経が無いから痛くないって聞いて安心。
リンパ液ってどんなんかなー?って見てびっくり!いや量にびっくり!

「先生!写メ撮らせて下さい!」って言ったら爆笑された。
大きさが伝わらないなぁ~ってシャープペンを置いてたらさらに大笑い。
本当はここに載せたかったんだけど、やっぱやめとこう。
あ~でもほんとにスゴイんだよ!そりゃ巨乳にもなるわって感じ。

量にして70CC。あ~これでは伝わらないだろうけど
ほんとにびっくりの量でした。
あんまり抜きすぎると今度はしぼむから、難しいところなんだよね~っと
先生。たしかに。難しいところですね。うむうむ。
[PR]
by akiraniann | 2009-09-11 16:31 | 術後

まさかの高熱・・・汗)

2009.9.4(金)

今日は退院後の通院日でした。
が、早朝5時からすさまじい悪寒で目が覚めた・・・
半分眠たいから、無意識のうちに体をさすったり
お布団に足をシャカシャカしたりするも、尋常でない寒気に
半分寝たまま、体温を計ってみると・・・

(うちの体温計。水銀のやつなんだけど・・・古)
39度まで、見たこともない速さで上がるではないの!!!
これには目が覚めて、母を起こし、厚めのお布団をかけて
解熱薬を飲んでとりあえず寝た。

朝起きても38度ほどの熱があり、とりあえず病院まで
送ってもらって
「発熱のある方は受付でお申し出下さい」に従い
受付にて発熱がありますと伝える。

巷では、新型インフルエンザの話題でもちきり。
もちろん「がん患者」も重篤化しやすいとのことで、乳腺専門の
病院でもわりと徹底的に除菌・マスクの励行が行われてます。

喉は痛くないので、採血の結果ただの「副作用」ということになる。
が、発熱する人はかなり稀のようで、先生もイマイチ納得いかない様子。
血液検査の結果は白血球の値がかなり下がっており、それも関係して
いるかも?とのこと。かも_?って・・・笑)

水分補給と抗生物質の点滴を1時間半。
熱でとにかく横になりたかったので意識朦朧としているうちに終わった。
ポートがバリバリ役に立っており、今日もぜんぜん痛くなく点滴ができた
ので、そこは良かった↑↑やっぱ入れてよかった~☆

でも、白血球数を上げる皮下注射(予防接種みたいなの)がヘタッピで
痛かったぞ~~~~怒)

夕方まで寝てたら熱は下がった。
今もいい調子~~♪
[PR]
by akiraniann | 2009-09-05 10:11 | 術後

今日から9月です。

2009.9.1(火)

手術から約2週間が経ちました。あっという間です。
退院後は自宅で大人しくしています。
(1日はおでかけしたよ)

傷口は少し気になる程度です。
乳がんの手術と、点滴をしやすくする機械を埋め込む手術を
したので、傷は3つ。ちょっとチクチク。

退院の前日に、術後の抗がん剤をしたので
その副作用なのか、少しだけ体がだるいです。

今回のお薬は、タキソテール(T)といって、前回のECよりも
統計的に副作用は少ないとのことでした。
今のところ、味覚が少しおかしいのと、熱っぽいのが気になりますが
寝たきり・・・というわけではないので大丈夫です。

少しずつ、入院中のことを書いていきたいと思います~
日付が逆行するので読みにくいかも。そこはご勘弁を。
[PR]
by akiraniann | 2009-09-01 17:41 | 術後