2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:転移( 17 )

2010.12.1(水)

この何日か、ほとんどご飯食べられず
バナナとみかんでなんとか・・・という日々が続いてました。
だもんで、今日は朝から超、絶不調。

でも今日はいつもより予定が目白押し・・・

まず、ここまで1年6ヶ月、傷病手当を貰いながら
なんとか席を置かせてもらっていた会社を
残念ながら退職することになりました。

昨年の4月に乳がんと告知され、1ヶ月は有休でお休みを
もらい、その後1年6ヶ月間、お給料の6割を傷病手当として
頂きながら、復帰を望んで自宅療養をしていたのですが、
術後、予想外の転移、そしてエンドレスの治療が始まり
正直、もう会社に戻ってもお役に立てないだろうなぁ・・・と
自分でも思っていました。

でも、本当に良い会社、良い上司や同僚に恵まれ
嫌な顔一つされず、本日、退職願を受理して頂きました。

今後も保険のコトなどいろいろ手続きがあるので
また改めて、挨拶などに行く予定ですが、
特にお世話になった事務の先輩とお別れするときに
涙が止まりませんでした。

在宅で出来る仕事とかがあれば、お手伝いしたい気持ちで
いっぱいなので、少しでも体調を戻して、何か恩返しできれば
いいなと思います。

その後、ゾメタ4回目のため病院へ。

体調が悪いのがみてとれたようで、処置室で採血後
診察室ではなく、主治医がわざわざ来てくださいました。

この何日かの不調を説明するにも、息が上がって
ぜーぜーしてしまうし、乾燥して唇がうまく回らない私を見て
「水分が足りていない」こと、ご飯が食べられてないようだし
一度、入院して点滴などで栄養補給をしてはどうか?と
提案されました。

今週の金曜日、CTを取る予定。
肝臓の数値が思わしくないのが気になるのと
胸の息苦しさ、これはもともとあるリンパ節の転移の確認。
そして、生理ではない不正出血があるのが気になることなど
を調べます。

不調を言い出すとキリがなく、考えれば考えるほど
恐ろしい。

でも、やるべきことはやらないといけない。

みんなが応援してくれている。
みんな良くしてくれている。
それに少しでも答えていきたい。

まずはご飯がしっかり食べられるようにしないと・・・
なので『体力回復入院』もありかなぁと思います。
[PR]
by akiraniann | 2010-12-01 17:09 | 転移

ゾメタ 3回目。

2010.11.12(金)

昨日は、ゾメタ点滴のため通院でした。
久々の午前中の通院。
普段、かなり遅い時間まで寝ているので、起きられるかどうか
心配だったのですがなんとか起きて、バナナを食べ、お薬を飲み
病院へ。

久々の朝の清清しい空気。
気温がぐっと下がったせいか、街路樹の紅葉が綺麗。

1週間ぶりの病院。
先週よりはほんの少し、不調が和らいだことや
痛み止めを増やしたので眠気が酷いことなどを主治医に伝えました。

「先週よりは少しだけ元気そうだね」と言われました。

確かに、自分でもそう思えます。
眠気が酷いので、寝ている時間は多いけれど
あのどうしようもない不安感や、焦りなどは減った気がします。

血液検査の結果、白血球数は3000とまあまあ。
ゾメタの点滴だけだと30分なので我慢して頑張りました。

午前中で病院は終わり、早起きしたのできっと眠たくなるだろうなと
思っていたのだけど、天気が良かったせいか、久しぶりに
『なんか今日、調子いいな』って感じで・・・
結局、夜まで横になることなく過ごせました。
こんなのは久しぶりなので、なんだかとても嬉しかった。
手帳にも、今日は〇と書けたし。

ちょっとずつこうして元気な日が増えていったらいいな。
ちなみにこの日記を書いている今は、朝から少しダルくて△。
まさに、一進一退だ。

さて、ゾメタはこれで3回目。
いつぐらいから本格的に効いてくるのかなぁ。
早く車の運転ができるようになりたい。
[PR]
by akiraniann | 2010-11-12 14:58 | 転移

ひとりステーキ。

2010.5.3(月)

朝、起きてまったく食欲無し。
昼過ぎまでダラダラ過ごす。

13時になっても食欲なし。
家族はでかけてしまって、作る気力もありゃーせん。

食べたいもの・・・・・・・・

しいて言うなら肉。

ということで、家から徒歩2分、友達がやっているイタリアンレストランへ。

ワガママを言って、普通ならランチコースで
サラダ仕立ての前菜・スープ・パスタ(ハーフ)・メイン(肉or魚)
パン・ドルチェ・食後のドリンク
とセットなのを、
「肉とパスタだけでいい」
と、特別で作ってもらいました。

いつもデザート無しで変わりにグラスワインとか言いたい放題。笑)

b0171475_21134146.jpg

完熟トマトとパスタのぺペロンチーノ
(辛いのが苦手なので鷹の爪抜き)

b0171475_21142129.jpg

ステーキ。たっぷり150g
季節の野菜添え。

ふぅ~~食った食った。なんとか食べれた。
目先にご馳走をぶら下げると食欲がでてきた。笑)

そのあと、昨日とは別の学生時代の友人が帰省ということで
お茶をしに。

お腹いっぱいだったのに、調子にのってチーズケーキを食べ
「もう晩御飯いらんわ・・・」ってことになる。

夕方から、少し首痛と頭痛でロキソニンを飲み1時間ほど昼寝。

すっごくしんどいわけではないけど表情筋の動きが鈍い感じ。
つまり倦怠感ってやつですな。

今日食べたお肉が、私の血となり肉となり
元気になれますように。
[PR]
by akiraniann | 2010-05-03 21:30 | 転移

ヘロヘロ通院DAY。

2010.5.1(土)

昨日の京都は、彼氏の用事につきあうのがいっぱいいっぱいで
やはり、買い物どころではなかった・・・汗)
でも、お目当てのパン屋さんへは行けて、食べたかったキッシュは買えた。

昨日でゼローダ4クール目も終わったのだけれど
あいかわらずヘロヘロで、食欲もわかず、
かろうじて口をもぐもぐさせて無理やり食べる感じ。
ああ・・・元気が欲しい。

今日も今日とて、コタツ虫。

とはいえ、通院日なのでなんとか・・・ほんとなんとか自力で病院へ向かう。

予想通り、血管が取れず。(まったく浮き出てない・・・涙)
いやいやながら、手の甲から採血。
痛いんだよねーーー。

血液検査でのデータ上は、健康体。だそうで
じゃぁこのダルさはなんなのさ~~~。

主治医には、この2週間の体調を報告し
リンパ液を抜いてもらい、鎖骨のしこりも触診してもらった。

私もなんとなーく感じてはいたが、

主治医「ん?ちょっと小っちゃくなってる??」
私   「やっぱり??」
主治医「うん、こないだより小さくなってる気がする」
私   「私もそんな気がします」

新しくプラスされたエンドキサン錠が、ええ仕事してくれたのか
はたまた、頑張って飲んでいるゼローダが、やっとええ仕事してくれたのかは
不明だけど、ちょっとだけ小さくなってる感じです。
触診なので何とも言えませんが。

あとは、肩の痛みは最近なくなってきて、今度は首が痛い。
ついでに言うと、(言いたくないけど)
頭が・・・頭が痛いんだよぉ~~この3日くらい。
ああああ~~~こわ~~~~。

ただの首こりからきた頭痛であってほしい。

でも、今まで、脳はノーマーク。
ついに、脳CTとってみることにしました。

主治医は、脳は・・・もし黒だったらショックだから
自覚症状が出るまで検査しない派。なんですが

私は、白黒はっきりさせたい派。

のため、いつも意見が食い違っていました。

でも、もう私の性格を十重承知なわけで、GW明けに脳CTの予約を
とって帰ってきました。

しこりの縮小は嬉しいけれど、やっぱり体はだるい。
今日から1週間の休薬。
ここでなんとか回復させたい所です。
[PR]
by akiraniann | 2010-05-01 17:51 | 転移

うっかりさん。

2010.4.23(金)

さっき、夕食後。
お薬を飲もうと思って、ふと・・・気が付いた。
数がおかしい・・・笑)あで???

昨日もらった、エンドキサン錠。
あーーーーーーまちがえたーーーーーーー!
朝晩、1錠ずつなのに、
朝、間違えて2錠飲んでたみたい・・・あはあは。汗)
やる気いっぱい・・・
こんなんで大丈夫か??

次からは気をつけます。ごめんなさい。
ちゃんと効いて下さい。お願いします・・・


気を取り直して、今日のお昼は洋食屋さんの王道オムライス!

b0171475_20244335.jpg


お店の名前が覚えにくい・・・
ぺ??・・・ぺ・・・・・・あ!!! ←思い出した!

『ペイザンヌ』さんです。
かなーり隠れ家的なお店でした。
しかも、ワンコインランチがあるんです!!500円です。
そっちにも惹かれたんですが、昨日の晩御飯がハンバーグだったので
思いっきりかぶってて、私はオムライスにしました。

めっさくさ美味しい!!!

また行こっと。



昨日の結果。結構重く受け止めていますが、

暗くなっていてもしょうがない。
でも凹む。
でもしょーがない!!
のエンドレスループ。

でも、結局は、しょーがない。よね。
何ができるんだろうか・・・


今年、我が家は7年ぶりに町内会長がまわってきております。
私のパソコン能力が最大限に生かされていて
父も母もとっても喜んでいる。

ああ、しっかりしなきゃだなぁって思う。

だって、あたい、長女なんだもん。笑)

とりとめのない日記でした。
[PR]
by akiraniann | 2010-04-23 20:36 | 転移

ピドキサール

2010.4.15(木)

新しい味方!!その名もピドキサール

ビタミンB6です。

『手足症候群の予防・対策に有効らしい』
と、他の方のブログや、セカンドオピニオンの先生から聞いてて
主治医に報告したんですが、病院には置いてなかったし、
先生自体が半信半疑な感じで、うやむやになってたんですが。

今日、行ったら
「取り寄せておいたよ」と言われてオドロキ☆

一応、気休めにDHCのビタミンBを飲んでたんですが
ちょーーーど、無くなりかけてたんで、グッタイミング♪♪

言うてみるもんですねぇ。

ついでに大人ニキビ治るかな。笑)
[PR]
by akiraniann | 2010-04-15 22:07 | 転移

恐怖の抜糸。と病理。

2010.4.15(木)

転移したリンパ節の手術から1週間。
今日の通院は、恐怖の抜糸。

でも、本当に怖いのは病理結果を聞くこと・・・
ドキドキしながら診察室へ入ると、いきなり抜糸でした。汗)

病理の話が後回しってことは、良くない結果だったのかなぁ・・・と
しょぼくれてましたが、まだ結果は返ってきていないということでした。
1週間から10日で返ってくるっていう話だったので、まだ早かったんみたい。

ただ、組織標本は、返ってきたみたいで。
先生が見るところによると、がん細胞の悪性度、つまり『顔つき』は
原発と同じく、『悪い』だそうです・・・↓↓↓

肝心の、ホルモン感受性や、ハーセプチンが使えるかどうかの結果は
来週までお預けになりました。(嗚呼、また1週間悶々とした日々・・・)

来週の結果を見て、もしトリプルネガティブが変化していたら万々歳!!
使える薬がどんと増えるから。

もしも、変化していなかったら・・・・もともと、ダメもとでの検査だったので
あんまり落ち込まないようにして・・・

まずはCTで、今のゼローダの効き目を見て、

主治医から「ゼローダにエンドキサンの経口薬を加えてみようか?」と
提案がありました。
なんでも、最近の学会??かなんかで、ゼローダ+エンドキサンの
有効性がよく話題に上がるらしい。

これについては、主治医にお任せしようと思っています。

トリプルネガティブについていろいろと調べていたら
『トリプルネガティブ』という言葉自体、7・8年前くらいにやっと出てきたって
書いてありました。この10年でめまぐるしく進歩しているとのこと。

でも、やっぱり・・・
変わっててほしいなぁ~~~~。
[PR]
by akiraniann | 2010-04-15 16:25 | 転移

骨シンチの結果。

2010.2.17(水)

先週の骨シンチの正式な結果が出ました。

『異常なし』でした!ホッ。

でも、何日か前の眠れないほどの痛みは何なんだ???
放射線の影響なのかな・・・
骨シンチも100%ではないらしいけど・・・
でも、とりあえず信じて。

そして、意を決して『PET』の申し込みをしてきました。
来週の水曜日です。
全身検査。脳はまだ未知の世界。

今日も、いっぱいノートに書いていったので、
たくさん質問して納得できました。
この方法はいいね。これからもこれで行こう。

『口に出さないと伝わらない事もある!』
というのが分かりました。
採血も一発OKだったし!いい気分。

明日は、調子がよければ友達とスーパー銭湯へ行く予定。
湯治ですよ。ウフ。
[PR]
by akiraniann | 2010-02-17 23:57 | 転移

主治医に質問攻め。

2010.2.13(土)

今日は、細胞診の結果と今後の治療について聞きに行く。

この1週間の、セカオピ・転院騒ぎ。
いろんな方々のアドバイスのおかげで、
なんとかしっかりと今日の日を迎えることができた。
ありがたいことです。

まずは、鎖骨リンパ節の細胞診の結果。
恐れていた悪性リンパ腫ではなく、やはり乳がんの転移。

CTで見るかぎりでは両鎖骨、胸骨傍に転移あり。
胸骨傍のリンパ節が腫れて気管とその周りの神経を
圧迫しているから空咳や、息苦しさがあるのだろう。とのこと。

骨シンチの画像を見せる。
主治医の見る限りでは、転移らしきものは無い。が
画像診断の専門家の判断を待つ。(来週)

そして、今後の治療方法として先生から提案。

まず、『ゼローダ』という飲み薬の抗がん剤を使う。
この薬は副作用で髪が抜けない。
再発乳がんにとても良く効く薬だということ。
副作用は書ききれないほどあるが、一番深刻なのは
『手足症候群』といって、手のひらと足の裏の皮がボロボロに
なってしまい、ひどい人は歩けないくらい痛くなる・・・とか。
でも、がんに効くのであれば、よっぽどの事が無い限り
飲んだほうが良いということも。

一旦そこまで、話た後で、私がノートにびっちり何か書いてきている
事に気づいたのか、質問タイムとなった。

今までで一番長い診察時間だった。
納得行くまで質問した。
検査をしっかりやっておきたいという意思も伝えることができた。

スッキリした。

さて、飲み薬の抗がん剤「ゼローダ」の活躍に期待して
今日から飲み始めます。
そして、まだ検査したことのない「脳」を含む全身検査「PET」を
するかどうか・・・が今後の課題となりました。



後半戦、始まってしまいました。
まさかこんな早く転移?(もともとあったのかも)するとは
夢にも思ってなかったけれど、もうなっちまったもんはしょうがない!
正直、凹みました。
心ここにあらずでした。
でも、やることは1つ。ベストを尽くすです。
凹んで本屋を徘徊しているときに、目に飛び込んできた文字。

「100年先はみんな骨」

確かに。うんうん。確かにそうだね。
妙にしっくり心に入ってきました。
[PR]
by akiraniann | 2010-02-13 17:54 | 転移

お告げか・・・

2010.2.12(金)

朝、携帯が鳴る。
075・・・・・京都市内の番号。
そう、京都府立医大からであった!

担当者は前と同じ人。
キャンセルが出たということでした。

どうされますか?の問いかけに
思い切って今悩んでいることを言ってみた。

府立医大は大変魅力的なのだが、セカンドオピニオンという
よりは、もう転院の方向で考えている。
となると、やはり通える近場の病院の方がいい気がする・・・

担当者の人は別にムッとするわけでもなく、
残念がる訳でもなく、そうですか、その方がいいと思いますよ。
と、またじっくり話を聞いてくれアドバイスまでしてくれた。

担当者の話。

まず明日、今のクリニックへ検査結果を聞きに行く。
骨シンチの画像も見てもらう。
今後の治療方法(飲み薬の抗がん剤になると思う)を聞く。
乳がん転移の場合、まずは抗がん剤治療になる。
となると、通院治療になるからやっぱり近い病院がいい。
今のクリニックに不安や不満があるなら、
今後の治療方法の提案を受けてから、転院もしくは
セカンドオピニオンの話を主治医に聞いてみてはどうか。

などなど。

万が一、また手術とかになったとき、どうしても
府立医大にかかりたいというのであれば、紹介があれば
可能だということを聞いて安心した。
今回のセカンドオピニオンは無しになったが、
京都府立医大の担当の方はとても好感が持てた。

夜。

まだ悩んでいた。祖母から電話があり、
(祖母も心配でいろんな人に聞いてたみたい)
近所の売店の人が、乳がんで、とてもいい先生に診てもらっているそうよ。
〇〇クリニックって言うそうよ~ってお婆ちゃん・・・
それ今、私が通ってるところだよ。笑)

キャッチホンでMさんから電話。
勤めている病院の外科の先生にいろいろ聞いてくれたみたい。
すごい頼もしい!!

その外科の先生曰く。
今通っているクリニックは、とても良い病院。
もし、先生との信頼関係が壊れているなら、
明日、これでもか!ってくらい納得いくまで質問してみてはどうか?と。
それでも納得できなければ、ウチへ来てもいいよ。と。

なんてありがたい。
そこまでハッキリ仰ってもらえるなんて。

それにしても、こうも次々と今のクリニックがいいのではと
言われると、なんだかお告げのような気もする。

確かに、私の勝手な思い込みだったのかもしれない。
「忙しそうだから悪いし」と遠慮気味になっていたのかも・・・
ものわかりの良い患者を演じていたのかもしれないな。

よし、明日は聞きたいこと全部聞いてやろう。
ノートにびっしり。質問することを書き出した。
[PR]
by akiraniann | 2010-02-12 17:25 | 転移