2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

うだうだな日々。

2009.4.23(木) 熱36.1度 吐き気

とりあえず寝たり起きたり。副作用についていろいろとネットで調べて予習したり。空腹になると気持ち悪いし、でも食べたいものがない。冷たいつるんとしたものや果物がいいらしいと聞いたので、卵豆腐を食べてみる。冷たくて食べやすいが美味しいと思わない。風邪のときの味覚がおかしい感じ。
夜に会社の先輩がお見舞いに「スイカ・グレープフルーツ・オレンジ・キウィ・カレイの干物」を持ってきてくれる。ありがたやありがたや。スイカを切ってもらう。美味しい。これなら食べれそう。

2009.4.24(金) 熱37.0度 吐き気・口内炎ぽい?

とりあえず朝は早く目が覚める。(早く寝るから) 急にブルーベリージャムが食べたくなってパンにつけて食べる。美味しい!母がつわりの時、まったくお米がだめになり「主食=トマト」になったことがあるのを思い出し、トマトを塩で食べてみる。美味しい!お腹がすくと気持ち悪いのでトマトとブルーベリージャム・スイカをちょっとずつ食べる。あとは寝て過ごす。

2009.4.25(土) 熱36.5度 吐き気・口内炎

トマト・ブルーベリージャムパン・スイカに加え「そうめん」がイケることを知る。めかぶそうめん・卵そうめん・でなんとか炭水化物を摂取!午後から「こんな寝てばかりではいかーん!」とはたと思う。鏡をみてこの4日間ほぼ寝たきり生活のツケか、肌荒れ毛穴…最悪じゃ~~!コラーゲンプリーズ 泣)
シャワーして着替えてやく5日ぶりの化粧をして外へ。祝復活!
[PR]
by akiraniann | 2009-04-29 18:51 | 副作用

発熱・吐き気との戦い。

2009.4.22(水)

昨日は、夕方に母・夜に彼氏がお見舞いに来てくれ入院半日にしてすでに飽きていた私を楽しませてくれた。夕食後も小腹がへったのと、暇で暇で仕方ないので病院の向かいのファミリーマートにお菓子とジュースを買いに行く余裕。テレビも面白くないし早々に寝る。

7:30起床。目覚めは悪くない。少し空腹感もある。
ガラガラと朝食の運ばれてくる音がする。

b0171475_18233621.jpg


朝はほとんど食べないが、パンが焼きたてで美味しそうだったのでペロリと完食。早く帰りたいな~なんて思いながら朝のワイドショーをチャンネルころころ変えながらごろりと過ごす。和歌山カレー事件ばっかりだな・・・

なんだか寒気がしてくる。おっと?とりあえず布団に入ってみる。血圧と体温を測りにきた看護師さんに寒気がすることを伝えると、お布団をもう一枚持ってきてくれた。大人しく寝ることに。
寒気はおさまったがこんどは明らかに体が熱い・・・熱あるな~これは。計ってみると38度もある!どうりで顔が熱いはずや。とりあえず薬を貰ってひたすら寝る。

12:00昼食が運ばれてくる。

b0171475_18304244.jpg

ご飯を見ただけで気持ち悪い・・・やばいとうとう来たか!やっぱり来たか!なんとかイチゴと大根おろしだけ食べる。食べたら吐く・・・・という絶対の自信があるような変な感じ。いちごおかわり~~~涙)

15:00 しんどいし熱いし、テレビは面白くないし帰りたい~帰りたい~家で寝たい~~と心の叫びが届いたのかやっと熱もさがり帰宅許可が出た。フラフラになりながら荷物をまとめお迎えを待つ。

帰って即寝。さすがにしんどいな・・・これがあと6回以上あると思うと↓↓だわ。
でも頑張る!

《本日の費用》 ¥38,430 (トータル¥88,660)
・入院(2日)
・抗がん剤
[PR]
by akiraniann | 2009-04-29 18:34 | 副作用
2009.4.21(火) 14:30病院入り

いよいよ、抗がん剤治療初日。緊張で少し寝不足ではあったものの母と一緒に病院へ向かう。
私のお世話になっている病院は、乳腺の専門病院で入院設備もありすべて個室とのこと。部屋に通され、ビジネスホテル並みのキレイさにテンションがあがりまくる母娘。

b0171475_1757962.jpg


バス・トイレ・冷蔵庫・液晶テレビ・テーブル付き。1日5,250円也

15:00 おやつ 笑)
入院のしおりを貰ったときに驚いたのが、「15:00おやつ」おやつって!笑)
b0171475_17591718.jpg

看護師さんから「おやつを食べたら始めますからね~」と聞いていたのでちょっと緊張し始める。

15:30 いよいよスタート
①吐き気止め(20分)
②抗がん剤:エピルビシン塩酸塩(15分)
③抗がん剤:シクロホスファミド(1時間)
④吐き気止め(20分)

の2時間点滴・・・今回は左手首から。
②のエピルビシンという抗がん剤は、強い?らしく短時間で点滴しないと体や皮膚に負担がかかるため点滴スピードが速いというのと、色が真っ赤!というので気分的に↓↓になったが、特に点滴中は気分がわるくなることもなく、テレビを見てだら~だら~~~と過ごす。飽き性の私にはかなり苦痛な2時間。だが「がんよ無くなれ~無くなれ~小さくなれ~」と呪文をこころの中で唱え抗がん剤の援護をすることにした。

点滴中も30分ごとに、血圧を測りに看護師さんが顔を出す。世間話などする。入院中は禁煙なのでおっさん臭いと思ったけど「禁煙パイポ」をくわえていたら、一人の看護師さんが「吸いたいでしょ~」と笑いながら声をかけてきた。「私も昔吸っていたけど止めたのよ」とも。ここの病院の先生と看護師さんは決して「タバコはダメ!止めなさい」とは言わない。多分自分で止めないといけないんだろうな~とぼんやり思った。

点滴が終了し、今か今かと吐き気の到来をビビッていたが結局来ず。急性悪心・嘔吐は来ないようだ。

18:00 夕食

夕食も普通にモリモリ食べる・・・が世の中そんなに甘くなかった。この日の夕食の写真は実はありません。
うれしそうに撮って友達やらにメールして余裕をかましていたバチがあたったのか…思い出しただけでも…ウッとなるくらい、今まで嫌いな食べ物なんかほとんど無かった私なのに、あっけなくダメになってしまった…その理由は翌日からのこれでもかというほどの体調不良による。

つづく・・・
[PR]
by akiraniann | 2009-04-29 18:14 | 抗がん剤治療
乳がん告知を受けてから、ずっと考えていた事の一つ。
それは「仕事をどうするか・・・・」ということ。

有給休暇は結構残っており、福利厚生もしっかりしている会社だったので「傷病休暇」という形で1年6ヶ月は給料の約6割を頂きながら休むことはできる。

が、なにぶん仕事の量と責任からなかなか考えがまとまらず、モジモジしていた私に上司をはじめ先輩方は優しい言葉をかけて下さった。

「しっかり休んでしっかり治して元気に戻っておいで」と。
「でも(私にしか)わからないことがあったら電話しまくるよ(笑)」とも。

とりあえず、抗がん剤治療が始まってみないと副作用の程度もわからないし、髪が抜けてみないと自分でもどうなるかわからなかったので、5月20日まではしっかりと有給休暇で休ませてもらい、その後のことはまたその時考えようという結果になった。

今日でひとまず仕事をお休みするということだったが、いつも通り、普通に仕事をこなした。まだ大半の人が乳がんのことを知らないでいたので、後輩女子からは「結婚するんですか?」とか「もしかして子供できたんですか?」なんて質問されてタジタジ・・・笑)だったらいいんだけどね~~汗)

仕事が終わり、そろそろ上司に挨拶して帰ろうかなと思っていると、なんだか今日は現場から戻ってくる社員の人が多い気がしてきた。
大型連休まで1週間だし、いろいろと忙しいのだろうと気にせず、いつも通り、普通に「お先です~」と言いかけたその時!みんなが一斉に立って見送ってくれた・・・涙)ぬぉっ反則だぜ~。
前に、上司が「お前はすぐ泣くからみんなの前では挨拶させへんし」って言っていたので予想だにしていなかったが、みんな私のために夜遅く、家とは反対方向なのに、本社に戻ってきてくれたんだと思うと、もう泣けてきて恥ずかしいやら、うれしいやら、申し訳ないやらで・・・言葉が出ず。
「ご迷惑をおかけしますが頑張ってきます」とやっとの一言。
みんな「頑張れよ~」「顔見せにこいよ~」と笑顔で見送ってくれました。

5年と少し勤めてきて、正直、しんどい時や、腹立つときもあったけれど「ほんとにいい会社やな」と思えた。社長はほんとに娘のように私を可愛がってくれていて、「かわいそうで顔を合わせられない」と告知を受けた日から少し避けておいでのようだった。メールでお礼をしておいたらすぐに返事が来てまた泣けた。

明日はいよいよ抗がん剤治療。頑張るのだ!
[PR]
by akiraniann | 2009-04-20 17:26 | その他

カツラを買いに・・・

来週から抗がん剤治療。早くて2週間で髪が抜け始めるらしい・・・先月までロングだった私も、どうせ抜けるならショートカットを楽しもうと短くしていたけど、実際全部抜けるとなるとこりゃ大変だ!
ということで京都市内までウィッグを買いに行くことにした。

抗がん剤治療が始まってしまうと、体がダルかったりでなかなか行けないだろうし、天気もいいし女子友にお願いしてついてきてもらった。

3時半からの予約で、市内に到着したのが2時半。行きの道中、ず~~とおしゃべりして冗談ばっかり言って笑って、なんだかぜんぜん自分が『乳がん患者』という意識がまったくなく、どちらかというとさっさとウィッグを決めて、買い物三昧したいな~なんて考えていた。笑)

京都についてまず近場のカフェで遅いお昼ご飯。
b0171475_12182494.jpg

かなりヘルシーな雑穀米のハンバーグランチプレート♪

そしていざサロンへ。
担当の方は丁寧すぎるくらい丁寧で、私の体や精神面を本当に心配してくれている好印象を受けた。見本のウィッグを2・3個かぶり。(でも地毛がまだあるからぜんぜんイメージが沸かない・・・)せっかち&飽き性の私にとっては「もう何でもええわ」となげやりな気分の中、「長いお付き合いだし高額な物ですから慎重にお選び下さい。」なんて担当の方に嗜められながら、なんとか1つに決めることができた。

おかしい事に買う側の私と、売る側の担当者&スタイリストさんとは真っ向意見が対立していた。笑)

私の希望・・・別にカツラとバレてもいいし、元の長さと変わってもいい。今まで前髪を伸ばしたことなかったから、深津絵里的な前髪長めのストレートにしたい。

お店からの提案・・・やはり人の視線が気になるので、できるだけ自然な物がいい(あまり変化をつけない方がいい)前髪の生え際が目立つので前髪を作った方がいい。

やはりプロの意見を聞いておいた方がいいかとは思ったが、なにぶん他のデザインがまったく気に入らなかったので、半ば強引に自分の意見を押し通してみた。(スタイリストさんはムッとしてた)

しかも打ち合わせの間ずっとかぶりっぱなしだったので、この先がかなり思いやられた…絶対暑い。

帰りにちょこっと買い物して、帰り道も喋りまくって、彼女のだんなも誘ってご飯を食べた。この頃からちょっとお酒が飲めなくなってきていたなぁ~~。

一応自分のお金でかったんだけど、高額な買い物なので親に見せるために写真を撮ってもらった。帰ってから見せたら、おとぼけな母はまったくカツラと気づかず、「こんな写真いつとったん?ぜんぜんわからんわ~」とすっ呆けていた。優しさなのか、天然なのか・・・

予定では5/3に納品。ちょっと楽しみ?

《ずばりカツラのお値段》 26万円~~↓↓高いわっ!
[PR]
by akiraniann | 2009-04-19 12:06 | 副作用

緑の癒しパワー

マンモトーム生検のあと、遅いお昼ご飯を友達とイタリアンで堪能。
軽くパスタを食べて、近所のお花屋さんで見つけたパセリを購入。緑は癒されるしパセリは栄養も満点!育て方も簡単みたいなので、サボテンをも枯らす私でも大丈夫かな?笑)b0171475_1261669.jpg
[PR]
by akiraniann | 2009-04-17 20:01 | その他

マンモトーム生検

2009.4.17(金)

13:00~病院へ。検査着に着替えて診察室へ。検査の説明を受ける。「局部麻酔しますから痛くないよ~」と先生は言うが、心の中では「ウソだ!」と思っているakiraniann。だって麻酔効きにくいんだもん(泣)「途中で痛くなったら言って下さいね~」ってやっぱり!

検査室に行き、いろんな機械に囲まれる。ドキドキ・・・
まずは超音波で乳がんの場所をみながら、局部麻酔をするための麻酔をする。(局部麻酔はかなり中の方に打つのでその痛みを消すための麻酔。麻酔の麻酔。)そして局部麻酔。痛いっつうの。思いっきり看護婦さんに両腕を押さえつけられたがちょっと安心した。モニターをガン見している私をみて、「意外と強いね~でも今からはどうかな~」って先生あんたはドSですかいっ!

マンモトームの針が入っていく感触はあってもまだ痛みはない。グリグリされている感じで気持ち悪いけど。
「では1回目~・・・はい終わり~あと2回やるからね~」うん余裕余裕。「じゃ2回目行くよ~~はい終わり~あと1回我慢してね~」ん???ちょっと痛い気がする・・・「先生ちょっと痛くなってきました」「え?ほんと?」てほんとや~ウソつかんわ~!!!で3回目・・・めっちゃ痛かったです。涙)でも我慢できる痛さです。

抜いたマンモトームの針を思いっきり見てしまった。めっさ太い・・・先生も「あ、見ちゃったね~~」だって。

ここで15分間圧迫するそうで、初めての副院長とご対面。お、ちょっと男前。そしてタバコ臭い。わたしも吸うけど。圧迫係として参上した副院長は左の胸をぎゅ~~っと、ただぎゅう~~~と「全力でつまむ」という役だった。15分間、大人の男性に思いっきりの力で胸を掴まれることの痛さ!検査より痛かった・・・でもこうしておかないと中で血がたまったりして危険なんだそうだ。何事にも意味はあるのね。副院長は退屈させまいと一生懸命いろいろなお話をしてくれたが、痛さのあまり薄いリアクションですいませんでした。

圧迫が終わると再び院長参上。1針だけ縫った。これは痛くなかった。
検査が終わっていよいよ『抗がん剤治療』をいつから始めるかを相談。早い方がいいとのことで4/21から1泊入院で行うことになった。いよいよだな・・・

《本日の費用》 ¥19,030 (トータル¥48,790)
・マンモトーム生検
[PR]
by akiraniann | 2009-04-17 15:09 | 告知後の検査

母・先生とご対面。

2009.4.16(木)

昨日からの痛みが治まることなく15:30、会社から外出させてもらい病院へ。

今日は初めて母が一緒にくると言って聞かない。本当は明日のMRIの結果を一緒に聞く予定だったのだが、本日聞けるとのことで同席すると言う。

かなり新しく、キレイな病院なので心なしか浮かれ気味の母と一緒に先生の元へ。母にとっては初めて娘が「乳がん」であるという事実を第3者から聞くことになるのでちょっと心配していたが真剣に聞いてた。私も一回聞いたし、自分でも調べてかなり予習してたし退屈だったけどちゃんと聞いた。

MRIの結果は乳がんの大きさと位置などを把握するもので、今後の治療方針の方向性を決めるためのものだったので、話の本題はそちらのほうに。

①いきなり手術する
②抗がん剤治療でがんを小さくしてから手術する。

MRIの結果、がんの大きさは乳がんで3.5センチ、わきの下のリンパで2センチと1.5センチの2つということで②の治療法が望ましいとのこと。(先生)
わたしもそちらを望んでいたのですんなり治療法は決まった。②の治療のことを『術前化学療法』というらしい。抗がん剤治療を年末まで(かなりロングスパン)やって予定通りいけば年末に手術。副作用はもう調べていたので覚悟はしていたが、やはり『脱毛』は避けて通れないらしい・・・さらに抗がん剤治療中は生理が止まりまれに治療が終わっても生理が復活しない場合があるとのこと。つまり子供が生めなくなってしまう事があるということを理解して欲しいと言われた。母の前では言って欲しくなかったなぁとちょっと先生を恨んだ。涙が出た。乳がんになってから親の前でないたのはこの時が初めてだった。顔を見れなかったが母も泣いていたような気がする。

気を取り直して明日からのスケジュールを聞く。
予測はしていたが『マンモトーム生検』をするらしい・・・抗がん剤治療をするにあたり、現時点でのがん細胞をガッツリ保管しておくのだそうだ。ネットで調べ済みだったのだが結構痛いらしい。局部麻酔をする。私麻酔効かないんだよな~~~(酒飲みだからか?)

《本日の費用》 ¥1,810 (トータル¥29,760)
・採血
[PR]
by akiraniann | 2009-04-16 14:49 | その他
2009.4.15(水)

今日は普通に出勤。普通に仕事をする。
時々、がんのところがズキっと痛むのが気になりだす。MRIとかCTとかいろいろ検査しているから乳がんも反応しているのだろうか・・・「やばいバレた!」みたいな。がんも知能があるのかな?などと考えながらも、だんだんと痛む間隔が狭くなってくるので気になって病院に電話。明日の予約を取る。

仕事帰りに彼のところへ。
母が炊いた『蕗の佃煮』を届けに行く。ほんとはちょっと会いたくて理由がほしかったので持って行ったんだけど。笑)

会うなり「顔が疲れている!」と背中をバシッ。笑)

色々考えていたモヤモヤをちょっとだけ吐いてみる。
「うんうん」と聞いてくれる。これだけでちょっと元気になるから不思議だなぁ~
一通り愚痴?いや相談したらスッキリした。健康のために青汁のパックをいっぱい貰って帰る。明日から毎日飲みます!ありがとう☆
[PR]
by akiraniann | 2009-04-15 14:45 | その他

MRI

2009.4.14(火)14:30~

別の総合病院にてMRI検査。
私の場合、この検査では乳がんの正確な大きさや位置の測定を目的とするそうだ。受付を済ませ放射線科へ案内される。予約なので全てスムーズ♪

検査着に着替え(上下・もちノーブラ)担当の先生と看護師さんから説明を受ける。CTと同じく普通に撮影と、あの…おそるべき造影剤も使うそうだ。看護師さんに「CTの時造影剤がかなり気分悪くなったんですけど・・・」と我慢せずに言ってみると、「今日のは大丈夫だよ」とのこと・・・ほんとにぃ~~?(←不安)

MRIはすっごい大きな機械。まん丸の中にベットが入っていくようになっており、恥ずかしながら・・・・うつ伏せに寝て胸を2つ入れる穴が開いている・・・絶対人には見られたくない姿だ。顔を横に向け両手は腰の横でまっすぐに伸ばし、ぐるぐる巻きに固定される。この状態で約40分…きつい。

さらにMRIの特徴として『音がうるさい』それもちょっとやそっとでなく『かなりうるさい』工事現場のど真ん中に寝かされているようなもんだ。ヘッドフォンで音楽をかけてくれるのだが、はっきりいってぜんぜん聞こえない。
造影剤は大丈夫だった。がしかし!途中で鼻がかゆくなる。でもかけない。かゆい。かけない。ムキー!

結果は17日(金)だそうで、それまでに自分の希望の治療方針。①いきなり手術②先に抗がん剤をしてから手術を決めてきて欲しいとのこと。本を買ったりネットで調べなくては。帰りに本屋へ行く。

《本日の費用》 ¥11,670 (トータル¥27,950)
・MRI
[PR]
by akiraniann | 2009-04-14 19:15 | 告知後の検査