2009.4.9 乳がんを告知されました。治療記録・日々のできごとや気持ち、などなど。 


by akiraniann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まさか!目にくるとは!

2009.12.27(日)

あっというまにクリスマスも終わり、一気に年の瀬ですね。
ああ、なんて早いのか・・・1年ってあっという間。
去年の今頃は、年末で仕事漬け。
なのに今年はコタツ虫。笑)
なんという1年だったのでしょう。いやはや人生って。笑)

ところで、順調に進んでいた放射線治療。年内は残す所あと2回。
25日の金曜日に17回目を終え、その後クリスマスデートで
神戸へ1泊☆体調も良く、とても浮かれてたのに・・・

翌土曜の朝。目が痛くて目が覚めた。
最初は、なーんか目がしょぼしょぼするなぁって感じだったのが
だんだんとまばたきすら激痛に。

こ!これは、たしか、去年もなったことある!!
と思い出した時には、すでに遅し。激痛と涙。

たしか、去年の冬。センター試験直前。
塾に勤める人は絶対に休めない超多忙な時期。
突然の目の激痛で飛び起き、眼科へかけこむと、
「眼球のヘルペスかもしれない・・・これは大変!」ってことを言われ、
大きい病院の紹介状をもらい、眼帯をして会社行って、
泣きそうになりながらってかもう泣きながら仕事して、
次の日起きたら、ケロっと治ってた事件がありました。

一応、紹介された病院に行ってみたんだけど
「ん~~~なんともないですよ」
・・・・・
で終わった不思議な事件。

これはそのときの痛みと同じだぁ。

とにかく痛くて、目が開けてられない。
彼氏を起こして、この状態を説明。
「乳がんの手術ん時よりどうしようもなく痛い」と泣きながら訴えると
事の重大さに気づいてくれたのか、すぐにフロントでタウンページを
借りてくれ、最寄で土曜もやっている眼科を探してくれた。

電話して状況を伝えると、すぐに来てもらっていいですよ。と暖かいお言葉。
なんとその眼科はOPAの中にあった!びっくり。都会~笑)

右目が痛いんだけど、左も開けてるとどうしても眼球がつられて動くので
激痛。涙ぼろぼろ。

なんとか到着したものの、目が痛くて開けられない!
これでは診察できない。ってことで、効果が20分しかない麻酔の目薬。
ウソみたいに痛みが消え、その間にババっと診察してもらう。
もちろん去年の状況と同じことと、去年は眼球のヘルペスかもって
言われたことも説明済みで。

結果・・・
おそらく、眼球ヘルペスではなく、「再発性角膜上皮剥離」だそうです。

再発性→つまり昔、目を傷つけたことがある人が、何年か経って
冬の寒い時期や、とっても疲れた時や、免疫力が下がった時なんかに
同じ傷の場所の角膜が剥がれて、神経がむき出しになる病気。だそう。

昔、目を怪我されたことありますか?という先生の問いかけに、
「あ・・・あります・・・」と言いながら、
あれは多分、中1か中2の時、お調子者の私は、骨折した友達の
松葉杖で遊んでいて、転倒し、右目を強打し病院へ・・・という
こっぱずかしい事件を思い出した。

そういえば、去年も冬で、めっちゃ忙しくってクタクタでボロボロな
時期だったなぁ。そして今回は、疲れることはしてないつもりだけど
疲れていたのか、はたまた免疫力が落ちているのか、
納得の結果である。

とはいえ、治療法は特に・・・なく、とにかく目を休めること。
痛み止め(ロキソニンとか)を飲むことくらいで、特攻薬もないらしい。

予防法は、体調管理と朝起きるときに目をいきなり開けないこと。
コレってかなり難しくね?だって無意識やん。寝起きなんて。

塗り薬を塗ってもらい、眼帯をして、テンションダダ下がりの私。
麻酔が切れ、痛み復活。もう、痛いやら悲しいやら申し訳ないやら。
とにかく神戸はいつでも来れるから、今日は大事をとって帰ろうと
言ってくれる彼に手を引かれつつ、クリスマスからお正月ディスプレイへと
一夜にして変わっていた神戸の街を後にしたのでありました。涙)

帰って一日寝て、(ロキソニン2回も飲んだ)今朝起きたら少し引いてた。
夜には眼帯もうっとうしくなってきて、痛みもほぼ無くなった。

けど、あの激痛がいつまたどこでやってくるか・・・ちょーコワー!
早く元気ハツラツになりたいなぁ。というクリスマスでした。
[PR]
by akiraniann | 2009-12-28 00:22 | 眼科
2009.12.21(月)

早いもので、ほんまめっちゃ早いもので
今年も残すところあと10日!!
いやぁ~月日が経つのはあっという間です。

4月9日に病気が発覚して、早8ヶ月ちょっと。
抗がん剤→手術→抗がん剤→放射線と治療も終盤を迎え
年の瀬を迎えつつ、毎日ぼ~~~っと過ごしています。

誕生日会、クリスマス会、送別会、忘年会と
元気に参加はしているものの、やっぱりお酒にゃ~弱くなっちまいました。
次の日、一日つぶれるし。もったいなや~~。

さて、今日で放射線治療も14回目が終わりました。
今のところ、目立った副作用というのは「日焼け」くらいでしょうか。
先週あたりから、脇の下らへんがこんがり黒くなってきた。
ヒリヒリ感はまだないけれど、昨日くらいから腕を上げるのが
ちょっとしんどくなってきた。

今日は週1回の先生とのお話(診察)の日なので聞いてみたら、
そりゃ~皮膚だけでなく、下の筋肉にもダメージあるからね~と
あっさり言われました。やっぱね~。

とはいえ、コタツに埋もれてばかりいるので、肩甲骨のあたりが
コリコリに固まっちゃうから、腕を回して体操とかしたいんだけどなぁ。

シールは相変わらずかゆいし、ちょっとストレス。
もともと汗かきなのか、はがれやすいし。
年末年始が心配なんだけど、メディカルテープの余分はもらえるみたいで
上から上から貼ってくそうです。(あ~考えただけでかゆそう・・・)

今日も朝からワッサワッサと雪がふっていました。
寒いし、低気圧のせいなのか、傷が痛むぜい~涙)
でも、頑張りますです。
[PR]
by akiraniann | 2009-12-21 22:03 | 放射線治療

放射線治療 スタート

2009.12.2(水)

いよいよ今日からマジで放射線照射。
噂によると「あっという間」に終わるらしい。
そして「痛くもかゆくもない」らしい。のであまり緊張はしてないけど、
初日はやっぱりドキドキするよね。

今日は健康のため、病院まで歩くこと20分。往復で3キロ。
いい運動だ。

14:20がわたしの時間。
これから毎日、14:20病院に通うわけ。(平日のみ)

ちょっと早めにつくと、私の前の患者さんが照射中で
付き添いの方が待っておられた。ペコリと会釈。

わたしの前は、車椅子のおじいさんだった。
その人が出てきてすぐに名前を呼ばれ、リニアック室へ。

すぐに上半身裸になり、台に横になる。
先生が、レーザー光線で何やら位置決めをし、
「では始めますよー動かないでね~」と言い残し、退室。
頑丈な扉が自動で閉まる。

と同時に、
ジーーーーチキチキチキチキ・・・・と音がして照射が始まった。らしい。

実際に、光は出ないし、痛みもない。音だけ。
1分もしないうちに音は止み、自動扉が開く。

先生が入ってきて、今度は反対側に照射するため機械を動かす。
「では反対側行きます~」と言い残し先生退室。
扉がしまり、またジーチキチキチキで1分。

音が止み、先生が入ってきーの腕下ろしーの。
終わり。

会計の伝票をもらい、会計へ。
ここまでで、10分。早い!!

会計は混んでおり(総合病院なので)10分ほど待ち、
外へでたのが14:45。
滞在時間は約20分。

なるほどなるほど。確かにあっという間です。
これが毎日続くのね~。
お会計は3930円。
これが毎日続くのね~。笑)
[PR]
by akiraniann | 2009-12-11 22:08 | 放射線治療
2009.12.1(火)

昨日貼られたメディカルテープのところがすでにかゆい・・・
こんなんで1ヶ月以上耐えられるのか!わたし。

今日は、昨日とったCTをもとに、マジックでカキカキされる。

実際に放射線治療を行う部屋に案内される。
機械・・・デカっ!名づけてリニアック号。(多分、億単位であろう)
天井からレーザー光線が出ていて、それに合わせて何やら
体に座標軸を書いているらしい。
もはやまな板の上の鯉。動いてはいけない。

動いてはいけないと言われると、眉毛とか鼻とか
かゆくなるんだよね~~~。うぐぐぐ。我慢我慢。

実際に照射するときのポーズを取らされる。
左手をバンザイの状態で、かれこれ何分だろう・・・
腕がしびれて・・・うぐぐぐぐ。我慢我慢。

開放されたときには限界までしびれてました。

気になるマジックは!
思ってた以上に小さいけど、数が多い。
とても、人には見せられないなぁ~。

いよいよ明日から照射スタート。
ドキドキしますぜ~!
[PR]
by akiraniann | 2009-12-11 21:57 | 放射線治療